「第30回多摩めぐり 三宿から成る拝島宿と昔も今も里を潤す水辺を歩く」を
10月22日(土)に開催します

第27回多摩めぐり
多摩を深める~北多摩を貫く都内で一番長い直線路
多摩湖自転車歩行者道を歩く《Part1》

第12回多摩めぐり「村山貯水池(多摩湖)」(2019.10.5)、第23回多摩めぐり「山口貯水池(狭山湖)」(2021.12.18)と2回にわたって、多摩川の水を東京都民の飲料水にするために貯水する大規模なダム施設を訪問しました。

今回は、この2つの貯水池の水を境浄水場へ導水する水の通り道(導水管)の上に作られた「多摩湖自転車歩行者道」を歩く企画です。

実は、この多摩湖自転車歩行者道が北多摩地域を貫く10kmの区間は、東京都において最も長い直線道路(自動車の通行不可)です。

この直線路を、地下を流れる都民の飲み水とともに、東大和市から武蔵野市へと下流へ向かって歩きます。

ただし、「多摩めぐり」ですから、歩くだけにとどまらず、沿線のあれこれを、じっくりと、見て、知るために、10kmを2区間に分けて、今回はそのパート1として、東大和市、東村山市、小平市の約5kmを歩きます。

歩きながら、東京都の多摩川水系の水道事業のこと、昭和初期の東村山に構想された幻の計画のこと、線路が複雑に敷設されてきた西武鉄道の歴史、などを明らかにします。

今回の終点は小平市内の「あじさい公園」です。開催日はちょうどアジサイの開花時期です。フィナーレにアジサイもお楽しみください。

主なコース

西武多摩湖線・武蔵大和駅(集合) 東村山浄水場(場内には入りません) 空堀川 東村山中央公園(昼食) 九道の辻(野火止用水) 萩山公園 江戸街道 小平用水 あじさい公園 西武新宿線・小平駅 (解散) 【歩行距離 約5㎞】

開催概要

集合日時2022年6月11日(土)午前10時 ※小雨決行
(当日、発熱・風邪の症状などで体調不良の方は
 ご参加を見合わせてください。)
集合場所西武多摩湖線 武蔵大和駅
※解散は午後3時半頃を見込んでいます。
ガ イ ド味藤 圭司
費  用参加費1,000円(資料代、傷害保険料等を含む)
募集人員30名(先着順)
持 ち 物弁当・飲み物・筆記用具・雨具 他
※マスク着用をお願いします。

申込方法

氏名・年齢・住所・電話番号を明記し、Eメールで「多摩めぐりの会」事務局へ

申込と問い合わせ

「多摩めぐりの会」事務局Eメールアドレス ⇒ tama.meguri@gmail.com

申込締切

6月4日(土)

当日の連絡先

090-7286-2124 味藤(みとう)