「第20回多摩めぐり 五日市憲法草案~幻の民衆憲法が紡がれた深沢の里を訪ねる」を11月14日に開催します。

第15回多摩めぐり~多摩を深める
樹木と水辺が織りなす安らぎの東久留米市
築180年余の村野家住宅(顧想園)と名木、黒目川、遺跡を訪ねる

 湧水の黒目川源流部にあたる東久留米市柳窪界隈は、豊かな緑に囲まれ武蔵野の面影を今に残している。
 中でも平成23年に国の登録有形文化財に指定された村野家住宅(顧想園)は、江戸時代後期から大正時代にかけて建築された名主層の伝統的な主屋・土蔵群で構成され、カシ・シイ・ケヤキなどの屋敷林によって深く包み込まれ、四季の自然が溢れている。これらの屋敷林の中を縫うように抜ける小径は国木田独歩の“武蔵野”の世界を彷彿とさせる。
 この村野家住宅(顧想園)を現地解説員の説明付きで見学する。併せて、東久留米市が名木として選定した市内の樹木100選のうち21種を黒目川に沿って訪ねる。
 また、東久留米市は水に恵まれた地域であったため、縄文期以降の遺跡が随所にあり、遺跡のまちとしても知られている。このうち東京都指定遺跡2箇所にも足を向ける。

コースについて

コース
西武新宿線小平駅 (集合) 村野家住宅(顧想園) 新山遺跡 白山公園(昼食) 宮裏橋 平成橋 下里本邑遺跡 降場橋 上落馬橋 大圓寺 子ノ神社 西武池袋線東久留米駅(解散)

イベント概要

集合日時 2019年9月21日(土)午前9時 
集合場所 西武新宿線 小平駅 改札
解散は午後3時頃を予定
ガ イ ド 関根充、味藤圭司
費  用 参 加 費 1,500円(顧想園入園料、資料代、傷害保険料など)
募集人員 30人(先着順)
持 ち 物 弁当、筆記具、雨具、飲み物 他

 

お申込み方法

名前、年齢、住所、当日連絡可能な電話番号を明記し、Eメールで「多摩めぐりの会」事務局へ

お申込みとお問合せ先

「多摩めぐりの会」事務局
メール:tama.meguri@gmail.com

申込締切

9月14日(土)

*当日の連絡先 090-7630-0195(関根)

ご案内のチラシはこちら